2)ホームサインという 「ことば」

さて、ここからが本題です。特別な教育を受けていないろう者は「ことば」を発しない、というときの「ことば」とは何でしょうか。ろう児に対する体系的な教育が行われてこなかった時代には、ろう児は本当に「ことば」を持たなかったのでしょうか。そして、そのようなろう者とは、意図のやり取りやコミュニケーションができなかったのでしょうか。
他の文献をよくよく見てみると、そうでない記述が随所にあります。ろう者はまったく発話がなかったかというと決してそういうわけではなく、手という媒体を使った身振りで、他者にさまざまなことを伝えようとしていました。音声言語は確かに使わなかったけれど、身振りを使って周りの人とやり取りができていたのです。我々は「ことば」というと、口から発せられ、耳で受容する音声言語のみを考えがちですが、「ことば」の範囲を音声言語から手にまで広げてみると、このようなろう者も身振りという「ことば」を使って他者とコミュニケーションをしていたのです。この身振りが言語学的な視点から日本語や英語や日本手話のような「言語」と呼べるかどうかについては後に議論しますが、少なくともコミュニケーション手段として確立していたことは紛れもない事実です。
就学経験がないため、音声言語を習得するための教育を受けたことがなく、自分以外の他のろう者と出会ったことがないため手話言語にも接したことのないろう者が、家庭内や周囲の人とコミュニケーションをするために使うこのような身振りのことを、ホームサインといいます。日本においても、一定年齢以上のろう者の中には、地理的、経済的な事情から学校で
学んだ経験がなく、日本手話を使用するろう者と深い付き合いもないため、手話を身につけることなく、ホームサインを日常的なコミュニケーション方法として使用しながら、今日まで生きてきた人々が少なくありません。
また、ろう教育がそれほど整備されていない途上国においても、ホームサインを使って他者とコミュニケーションをしているろう者も数多くいます。このようなろう者だけでなく、ろうの両親のもとに生まれた聴児(コーダ:CODA)においても、家庭内でのみ通じるホームサインが作られることもあります。

おススメ会社設立セット

  1. 店舗販売最安レベル9,800円!会社設立印鑑3点セット(柘植)

    ※通信販売は行っておりません。
  2. 会社設立センター・起業家応援パック

    会社設立・起業家応援パック(司法書士+税理士)まとめて頼む=とってもお得な起業家応援パッ...
  3. 会社設立ブランディングセット

    せっかく開業した貴方の法人、告知やご案内は、終了していますか??「会社設立ブラン...