2.初語までの道のり

生後6ヶ月を過ぎる頃になると、聴児は、何かしゃべっているのではないかとまわりにいる大人が間違えてしまうような発声をするようになり、一般にそれは晴語と呼ばれています。これは、それ以前の発声と以下の2点について異なっています。第一に、子音と母音が結び、ついて発声されること、第二に、複数の音節から構成されていることが挙げられます(Oller,1980;Oller,1986)。
ろう児においても、生後6ヶ月を過ぎると、聴児に比べて発声量は大幅に減少しますが、それ以前は聴児と閉じように発声が観察されることが、多くの先行研究で示されています(VanderZanden,1981)。ろう児においても乳児期には聴児と同様に発声が観察されることから、Lenneberg,RebelskyandNichols(1965)は、ろう児も聴児も同様に哨語が観察されることを根拠に、晴語が環境から影響を受けない生得的な能力であると結論付けています。しかし、彼らが晴語と同定している発声を詳細に分析してみると、さらに2種類の発声に分類することができるというのです(Oller,1980;Oller,1986)。4ヶ月前後より観察される発声であり、「過渡期の晴語(marginalbabbling)」と呼ばれています。この発声の特徴として、複数の音節から形成されてはいるが、子音と母音の結合ができておらず、母音のみで形成されているということが挙げられ、「ああ一」という発声などがこれに相当します。その後、6ヶ月を過ぎる頃になると、子どもは、「ぶぶ」などというように子音と母音が結合し、複数の音節から構成された「規準晴語(canonicalbabbling)」を発声するようになります。OllerandEilers(1988)は、9人のろう児の発声を分析し、ろう児にも過渡期の晴語は聴児と同じように観察されるが、規準晴語の発声開始時期が遅く、出現頻度も低いことを明らかにしています。また、Stoel-GammonandOtomo(1986)は、ろう児は規準晴語が出現したとしても持続せず、以後消失することを報告しています。
つまり、ろう児には、「ああ一」というような母音のみから構成されている過渡期の晴語までは聴児と同様に出現するが、「ぶぶ」というような子音と母音が結合した規準晴語には発展せず、発声行動そのものが以後減少していくということになります。しかし、人間とはそんなに弱いものなのでしょうか。音声言語や手話言語の入力が制限されても、独自のホ ムサインを作り出すことができる人聞が(第7章)、聴覚の障害ゆえに晴語の表出をあきらめてしまうとは、少なくとも私には考えられませんOまた、後で述べるように手話言語の初語は8ヶ月から1歳頃に出現すると言われていますが、聴児が音声による初語表出前に晴語によって初語表出の音韻獲得の準備をしているのに、ろう児がある日突然に手話の初語を表出するとは考えられません。手話の初語を表出する前に、ろう児は初語表出のための何らかの準備をしていると考えられます。では、音声言語における初語表出前に境界晴語や規準晴語が観察されたように、視覚一手指モダリティを使用する手話言語の獲得においても、音声言語獲得過程で観察されるような晴語に相当するものは存在するのでしょうか。ここでは、手話言語の獲得過程で観察される手指モダリティにおける晴語を、手指晴語(manualbabbling)と呼ぶことにします。手指晴語の存在については、過去にいくつかの報告があります。
PrinzandPrinz(1979)は、ろうの両親を持つ聴児I名の縦断的な観察の中で、初語表出以前に、音声晴語に平行して手指晴語が観察されたことを報告しています。また、Griffith(1985)は、ろうの両親を持つ聴児を17ヶ月から23ヶ月まで観察した結果、手をこすり合わせる手指噛語の存在を報告しています。
手指晴語に関して最初に系統的な分析を試みたのはPetittoandMar­entette(1991)です。彼らは、生後10ヶ月、12ヶ月、14ヶ月の時点で表出された手話言語環境にあるろう児2名と、手話言語環境にない聴児3名の手指運動をすべて記述し、ジェスチャーや手指晴語についての分析を行っています。分析の結果、手が何らかの意思を伝達し、手の運動がコミュニカティブに使用されているジェスチャーの出現数は、ろう児と聴児とでほとんど差がないにも関わらず、手指晴語は、ろう児のほうが聴児よりはるかに多く表出されていたのです。この結果から、PetittoandMaren­tette(1991)は、晴語という現象が音声言語に特有のものではなく、音声や手指といったモダリティを超えた普遍的な現象であり、その起源は人間に生得的に備わっていると結論付けています。
また、筆者も、手話言語環境にあるろう児2名を5ヶ月から15ヶ月まで観察し、ろう児の手指運動を観察し、分析を行いました(武居・鳥越,2000;Takei,2001)。毎月1回ろう児の自宅を訪問し、母親とろう児との自由遊び場面を1時間程度ビデオに収録し、対象児の手の動きをすべて記述しました。ろう児の手の動きの中で、手は動いているけれども、指さしゃ手伸ばし行動のように特定の意味を表していないものを手指晴語とし、この手指晴語の出現頻度を算出しました。(図1)は、その結果を示したものです。(図1)の折れ線グラフは、手指晴語の1時間あたりの出現回数を示しています。これを見ると、7ヶ月から手指日南語が出現し始め、10ヶ月時に手指晴語の出現回数が最大になり、以後減少していくことがわかりました。また、棒グラフは、初語とシンボリック・ジェスチャーの出現頻度を示しています。これを見ると、手指晴語の出現頻度が下がるのに代わって、手話の初語やシンボリック・ジェスチャーが出現しているのがわかります。
さらに、ろう児の手指日南語を細かく見てみると、手指晴語の特徴として以下の4つが挙げられます。第1に、手指晴語が初語前に出現していることが挙げられます。7ヶ月頃から出現し始め、10ヶ月頃に頻出し、以後減少していくという傾向は、音声崎語とも共通しています。第2に、手指晴語の手型や運動のレパトリが、発達に伴って、多様化、複雑化していったということが挙げられます。最初は単純な運動や手型が使用されていたのが、10ヶ月を過ぎると、手型や運動の種類が増え、複雑な運動も観察されるようになりました。これも、最初は「ぶぶ」というような単純な発声が多いけれども、徐々に「ばぶばぶ」のように異なる音素が結びついた発声が増えてくる聴児の音声晴語と共通しています。第3に、繰り返しが非常に多いということが挙げられます。音声の日南語においても、単に「ぶ」と発声するのではなく、「ぶぷぶ一」などと繰り返し発声することが知られています。手指晴語も、リズミカルに運動を繰り返すという特徴を持っています。(図2)は、ろう児の手指晴語に見られた平均運動繰り返し数の平均繰り返し数を示したものです。これを見ると、9ヶ月時には1回の手指日南語に平均7回以上も運動の繰り返しが見られたことを示しており、音声晴語のリズミカルな繰り返しと類似していることがわかります。第四に、手指晴語と手話の初語との聞に連続性が見られたことが挙げられます。(図3)は、手指晴語と後に出現した手話の初語、及び母親が使用する手話を示したものです。研究対象のろう児は、12ヶ月頃、肘を回旋させる運動を手指日南語の中で頻繁に使用していました。その後15ヶ月時に、{車} という手話の初語を表すのに、握りこぶしを左右交互に上下させながら肘を回旋させることによって表し、手指晴語で観察された肘回旋という運動を使用していたのです。しかし、ろう者である対象児の母親は{車}という手話単語を表すのに、この肘回旋という運動を使用していませんでした。このことから、ろう児は手話の初語を表出するのに、単に母親の手話を真似するのではなく、表現したい手話に合わせて、手指晴語を通して獲得した手型や運動レパトリーの中から最も適当な手型や運動を選択し、手話の初語に使用していることが推測できます。
なお、筆者は手話言語環境にあるろう児に加えて、手話言語環境と音声言語環境の両方が保障されている聴児(ろうの両親を持つ聴児)と音声言語環境にある聴児(聴者の両親を持つ聴児)も、同様の観察を行いました(武居,2004)。その結果、手話言語環境と音声言語環境の両方が保障されている聴児には、手話言語環境にあるろう児と同様に手指晴語が観察されましたが、音声言語環境にある聴児には子指晴語はほとんど観察されませんでした。このことから、手指哨語の出現には、手話言語環境が保障されていることが必要であると考えられました。
このように、ろう児は聴覚障害ゆえに晴語が表出されないのではなく、発声しでもフィドパックがかからない音声モダリティではなく、聴覚障害があっても視覚的及び筋感覚的なフィ ドパックのかかる手指モダリティで晴語を表出していることがわかりました。手話言語環境にあるろう児も音声言語環境にある聴児も、表出するモダリティは異なるけれども、きわめて特徴の類似した崎語を表出し、後に出現する初語に備えていることが明らかになっています。

おススメ会社設立セット

  1. 店舗販売最安レベル9,800円!会社設立印鑑3点セット(柘植)

    ※通信販売は行っておりません。
  2. 会社設立センター・起業家応援パック

    会社設立・起業家応援パック(司法書士+税理士)まとめて頼む=とってもお得な起業家応援パッ...
  3. 会社設立ブランディングセット

    せっかく開業した貴方の法人、告知やご案内は、終了していますか??「会社設立ブラン...